劇団HIT!STAGE×劇団ヒロシ軍「花の棲む街」

物語の主人公は30歳の青年。

自分の中の空白を持て余していた彼に、亡き祖母より一通の手紙が……。

同封された写真の裏には「エリー、佐世保にて」の文字。

彼はその文字に突き動かされ、佐世保を目指した。

戦後70年の街は米軍基地を受け入れ、その存在を疑問に思う者は少ない。

その様子に驚きながら、青年は一軒のナイトクラブへ辿り着く。

その店は寂れ、客はおらず、いわくありげなオーナーと、国籍不明のバーテンダー。

時代遅れのドレスを着た女性が三名。

寂れた店に咲き誇る三人の女性は、「基地のある街」に、どこか相応しかった。

その中の一人が、写真の女性と似ている。

「エリー」は、戦後の佐世保の街で生きていたパンパン――娼婦の名だった。

やがて、この店で起こる数々の出来事が、彼の過去を解くカギとなる。

戦争を知らない世代がひも解く、今は忘れ去られた佐世保の夜の物語。


作   :森馨由(劇団HIT!STAGE)

共同演出:田原佐知子(劇団HIT!STAGE)、荒木宏志(劇団ヒロシ軍)

監修  :和田喜夫

出演  :森タカコ、真島クミ(以上、劇団HIT!STAGE)

     荒木宏志、中村幸(以上、劇団ヒロシ軍)

     友田宗大、宮地悦子


公演日時:2018年1月 26日(金) 19:30

             27日(土) 19:00

             28日(日) 14:00

料金  :一般前売2,500円 当日3,000円

     学生前売1,500円 学生当日2,000円 

     (日時指定自由席)

場所  :ぽんプラザホール


チケット取扱: ローソンチケット(Lコード:83625)


HP

劇団HIT!STAGE

劇団ヒロシ軍

   


KIBIRU STAGE ART FESTIVAL