宣伝美術ワークショップ 「演劇チラシを考えてみよう」

自身が演出家でもありながら、ナイロン100℃や文学座のチラシデザインを手掛けるチャーハン・ラモーンさんを講師にお招きし、演劇チラシの作り方やご自身のこだわりをうかがいます。そのあと実践を交えて参加者の皆さんと一緒に悩みながら架空の演劇チラシを制作します。

演劇作品の世界観をどうデザインに落とし込むのか。魅力あるチラシとはなにか? 演出家、制作者、デザイナーなど演劇公演に関わるさまざまな立場の方に向けてお届けします。



日程:2023年2月20日(月) 13:00~16:00

会場:ぽんプラザホール

定員:20名

参加料金:500円



参加申込はコチラから ※12月3日(土)より受付開始



講師:チャーハン・ラモーン

(撮影:堀川高志( kutowans studio))


デザイナー・イラストレーター・演出家。文学座、カンパニーデラシネラ、ケムリ研究室などの宣伝美術を手掛ける。演劇以外では、鈴木慶一「MOTHER MUSIC REVISITED」やKERA「まるで世界」などのCDやLPのアートディレクションも手掛ける。ナイロン100℃『睾丸』のポスターデザインにて東京TDC賞2019入選。ケムリ研究室「ベイジルタウンの女神」でおちらしさんアワード2020第1位。

Twitter:@charhan_ramone




キビるフェス