大道具ワークショップ 「2階のある舞台装置を建てたい!」

演劇作品の屋台骨である舞台装置。つくり方を知っていたら、それだけで選択肢が広がります。今回のワークショップのテーマは、2階建ての舞台装置!

講師は福岡の舞台装置家、中島信和さん。舞台づくりの基礎から、俳優がのぼって演技する2階建ての舞台を作るにあたっての材料選びや気をつけたいポイントまで、座学と実技であますところなく教えていただきます。



日程:2023年2月5日(日) 14:00~20:00

会場:塩原音楽・演劇練習場 中練習室・大練習室

定員:20名(高校生以上)

参加料金:一般1,000円/U-22(22歳以下) 500円



参加申込はコチラから ※12月3日(土)より受付開始





講師:中島信和(兄弟船)

福岡を拠点に、小劇場演劇の舞台装置を設計、製作しています。大学時代に「なにか文化的なことをやりたいな」と思いたどり着いたのが、この世界でした。

見よう見まねで道具製作や、演技をしているうちに各方面のクリエイターから、うちの道具も作ってよ!と声がかかるようになり、今に至ります。いろんな人たちと出会いながら、その場にふさわしい装置は何だろうと、試行錯誤している人。

Facebook:舞台装置集団 兄弟船 https://www.facebook.com/kyoudaibune/




キビるフェス