ヒカリノオト『さよなら、サンカク』

人間の弱さや強さ、そして「家族」という狭く閉鎖的なコミュニティだからこそ起こってしまう事柄を、実際に起きた少女監禁事件をモチーフに鮮烈に描き出す。

少女が監禁されている過去、そして五年ぶりに解放された現在を交錯させながら、徐々に事件の全貌を明らかにしていく。事件は解決しても、未だ解決できていないこと。解決しようがないこと。途端に騒がれては消えてしまうニュースの、その後。そして何故事件は起きたのか、何故少女は生きて帰って来れたのか。

生々しく痛々しく、それでいて生きる希望に満ち溢れた「家族の物語」。


作・演出 :松岡伸哉

出演   :立道心、中島荘太、峰尾かおり、上田裕子、古賀今日子、白川宏治

公演日時 :2/6(水)19:30

      2/7(木)19:30

      2/8(金)①14:00 ②19:30

      2/9(土)14:00

会場   :なみきスクエア大練習室

料金   :一般前売 2,500円(当日 3,000円)

      学生前売 2,000円(当日 2,500円)

      ※未就学児童入場不可

      ★キビる割/一般前売・当日料金から各300円引き!


チケット発売:12/1(土)10:00

チケット取扱:ヒカリノオト(ホームページ、メール)

       CoRich!チケット

       ローソンチケット(Lコード82960)

お問い合わせ:ヒカリノオト メール hikarinote_info@yahoo.co.jp


Profile
福岡市の劇団。発足して僅か一年で、5本の新作を発表。親しみやすい北九州の方言を使用しての会話劇、日常風景の繊細な心の機微を表現することで幅広い客層から共感を得ている。日常の中に潜む、人と人との「ほころび」、その先の新しい日常。一貫して、どこにでもいるがそこにしかいない人々の「希望(ヒカリ)」を描き続けている。
HP:https://hikarinote.stage.corich.jp/

KIBIRU STAGE ART FESTIVAL